Not Quick a Nine

日々の気になることを、独断と偏見で綴る、バカ親父ブログです

自民党の豊田真由子、秘書を日常的に暴行 「ち〜が〜う〜だ〜ろ〜!」が流行語大賞候補に?!

こんにちは、ブンガです。

しばらくは政治ネタは辞めておこうと、心の固く誓っていたんですが、いやぁ〜〜、、、強烈なのが出てきちゃったんで、これは書かないわけにはいかないなぁということで、急遽このエントリを書いてます。

自民党『豊田真由子』秘書を日常的に暴行か?!

今回のスクープは新潮です。

2012年の選挙で初当選し、現在2期目を務める自民党の豊田真由子代議士(42)。安倍チルドレンの1人でもある彼女は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた。

www.youtube.com

 豊田代議士の暴行を告発するのは、彼女の事務所で政策秘書を務めていた男性(55)である。殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されている。

 男性は通常国会会期末の6月18日付で秘書を辞したが、「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。

〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!  
(ボコッという打撲音)

 男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

 豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!! 〉

 音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察に被害届を出すという。

 取材に対し、豊田代議士の事務所は暴行について〈手をあげてしまった〉と認め、〈お見舞金〉という金銭での解決を目指しているとした上で“通り魔”等一部の録音内容については否定した。

豊田真由子の経歴

氏名:とよたまゆこ 生年月日:1974年10月10日(42歳)
出身地:千葉県
最終学歴:東京大学法学部(ハーバード大学大学院修了)
家族構成:夫・長男・長女

中学高校は私立桜蔭学園。 その後東京大学へ。 1997年に厚生労働省(旧厚生省)に入省。 金融庁総務企画局課長補佐 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官 厚生労働省老健局課長補佐

厚労省在籍中には、アメリカの名門・ハーバード大学大学院へ留学。

桜蔭ー東大というルートは、芸能人の菊川怜さんと同じルートです。

そのルートに乗ってそのまま厚労省、ハーバードとエリート中のエリートのコースですね。

国会の様子からは想像もつかない

Youtubeに国会での質問の様子がありましたが、これを見る限りあんな暴言を言うようなキャラに見えません。

www.youtube.com

このおしとやかな感じからの

「ち〜が〜う〜だろ〜〜!!」

の落差が強烈ですね。

自民党内では要注意人物だった?

この豊田議員ですが、実は以前にも問題を起こしてかなり大きなニュースとして取り上げられていました。

2014年に行われた春の園遊会に、本来招待されていない母親を連れてきて、警備員と入れろ入れられないと一悶着あった後、無理やり園遊会に入場させていたというものです。

天皇、皇后両陛下が4月17日に主催された春の園遊会に、自民党の豊田真由子衆院議員(39)が、こともあろうに招待されていない母親を無理やり入場させていたことが判明した。昨年秋の山本太郎参院議員(39)の陛下への手紙直訴に続き、園遊会の場を汚す不届き千万な行為に、あちこちから非難の声が上がっている。

 春と秋の年2回行われる園遊会は、立法、司法、行政の関係者や各界の功績のあった者が招待される。参加できるのは両陛下から招待を受けた本人と、その配偶者のみ。2074人が出席した4月17日、事前に出欠も確認される厳粛な場に豊田氏が連れてきたのは、出席が認められない母親だった。「サンデー毎日」最新号によれば、宮内庁職員から入場を拒否された豊田氏は「入れなさい」と声を荒らげ、母親を配偶者(夫)と主張。最後は職員の制止を振り切って入場したという。

 自民党関係者は「ついにやらかしましたか。いつか問題を起こすと言われていた議員の一人でした」と語る。

園遊会といえば、警備でガチガチに固められていて、招待されてない人が入るなんて許されることじゃないですよね。

当時、無理やり入っちゃう方も酷いけども、入れちゃった方も駄目だろ!ってことで大問題になったんですよね。

これ、常用次第では簡単にテロを起こせるってことですからね、そりゃぁ容認できないですよ。

豊田議員が怒った理由は?

あれだけ怒ってるところを見ると、何が原因だったのさ??と知りたくなりますよね。

報道によると、支援者に送るはずのバースデーカードの送り先と宛名が合っておらず、違う名前で支援者に届いてしまったとのこと。

そのせいで、間違えた47件全てについて、個別に車で謝罪に回ることになったのだとか。

まぁね、、、怒る気持ちは分かります。

支援者の気も悪くさせちゃうだろうし、自分も恥をかくしね、、、そりゃ出来の悪い秘書だなぁ!!!!ってなるけどね。

でもね、そこは我慢しないとねぇ……。

ところが、その時の実際の激怒シーンがこちら。

豊田:お前が行け!!!

お前が今から行って来い!!お前が全部配り終われよ!

お前が全部配り終わってこいよ、今日中に!!!馬鹿かお前は!

あはは、、、言いたいことはそれほど間違ってないけどね、、、

音声を聞く限りでは、これだけでも相当恐いです。

私なら次の日から出社しないかも知れません^^;

ミュージカル調で脅すのが怖すぎ

怒りが頂点に達し、ついに頭がおかしくなってしまったのか?

突然ミュージカル調で脅し始めたそうです。

そんなつもりはないんです~~♪
そんなつもりはないんです~~♪

そんなつもりじゃなくても、お前の娘をひき殺して、

そんなつまりなかったんです~~って言われているのと同じ~~~♪

嗚呼、それじゃ、しょうがありませんね!

そんなつもりなっかたんなら、しょうがありませんねーー!!

そんなつもりが無かったら~~

そんなつもりが無かったらいいの~~~♪

お前の娘が交通事故でひき殺されて死んでさ、

「ひくつもりは無かったんです」って言われたら腹たたない?

う~〜〜ん、、、腹立つとか立たない以前に、恐いです。

どこか心が病んでるんじゃないか?と思うくらい、考え方がヤバイです。

こんなこと言われて、反省する余裕ないですよ。

安倍チルドレンは不祥事続き

この2012年の安倍チルドレンと呼ばれる議員は、なぜか不祥事が多く、これまでもたくさんの不祥事を起こしています。

これを『魔の2回生議員』と呼んでいるそうです。

  • 中川郁子:路上でキス不倫騒動
  • 武藤貴也:未公開株をめぐる金銭トラブル
  • 宮崎謙介 :妻の妊娠中に不倫発覚で議員辞職
  • 務台俊介:被災地おんぶで視察
  • 中川俊直:重婚ストーカー騒動

と、さらっと挙げただけでも、こんなにあります。

見てみれば、あぁ、、、あの事件ね!って分かるものばかりですよね。

これは正直言って、森友学園とか加計学園とかの問題よりも、こっちのほうが大問題なんじゃないかな?って思うんですけど、どうなんですかね?

安倍政権を追い詰めている各社は、加計学園の問題なんかどうでもいいから、今からでもこっちで責めたほうが効率が良いんじゃないですかね?

離党届を提出したらしい

豊田氏は、党に迷惑をかけたくないとして、22日夕方、みずからの事務所を通じて離党届を提出しました。
自民党は、今後、党紀委員会で、離党届の扱いを協議することにしています。

自民 豊田真由子衆院議員が離党届を提出 | NHKニュース

と、、、このエントリを書いている間に離党届を出したらしいニュースが入ってきました。

あれだけ非常識な暴言を吐いていた割には、常識的で迅速な判断だと思います。

今後どうしていくかは分かりませんけども、色々な方面の傷が浅いうちにケジメを付けて、やり直したほうが良いかも知れませんね。

ブンガ的まとめ

まだまとめておきたい内容がたくさんあったり、恐らく今後も色々と出て来ると思いますので、出てき次第この記事に追記していきたいと思います。

ではでは(^^)/~~~