読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not Quick a Nine

日々の気になることを、独断と偏見で綴る、バカ親父ブログです

さすがにトリ頭すぎて呆れた話

私は小さい頃から忘れ物が多く、どこか一本、、、いや、何本か頭のネジが無いんじゃない?って言われるような子供だった。

小学生の頃は、なぜかランドセルを忘れて手ぶらで学校まで行ったことがあり、その話は今でも親戚中での伝説だ。

おとなになった今でもその傾向は強く、仕事をしていても、一度電話を取ってしまうと、ちょっと前にやっていた仕事を忘れてしまうなど、日常茶飯事。

本当にトリ頭だな!としょっちゅうバカにされている。

昨日、久々に自分でも頭大丈夫かなぁ?と思う出来事があったので、書いてみたいと思う。

自転車を借りに来る長男


お父さん、自転車貸して欲しいんだけどさぁ……

長男が仕事場の事務所に私の自転車を借りに来た。
私の乗っている自転車(Giantのシティーサイクル)がラクなので、こうやってしょっちゅう自転車を借りに来る。

最近は長男の方がこの自転車を頻繁につかうので、まるで奴の自転車のようになっている。

自転車どこやっちゃったのさ??
ないけど??

え?? なんで? ない??
まじ?? 盗まれたか?!

そんな事を言っていると、長男がやべえって顔をしだして

あぁ〜〜、もしかしたら、JRの駅に置いて出かけたのを忘れて、私鉄の駅から帰って来ちゃったかも知れない、、、

なんてことを言い出す。
仕方ないやつだなぁ……とか思いつつ
自分のケツは自分で拭け!という意味も込めて

自転車使うなら駅まで取りに行って、それに乗っていけば??

と冷たくあしらってみたが、よくよく話を聞いてみると、この後塾の先生のバイトがあるらしく、自転車で行く予定でいたもんだから、あちこち寄り道してる余裕はないと言う。

さすがに塾の先生が遅刻してたんじゃ、生徒たちが可哀想だわなぁ……なんて思っていると

悪いけど塾まで送ってくれないかなぁ、、、。
頼むよぉ〜。先生遅刻できないしさぁ、、、。

おいおい、こっちは仕事中だそ?!
遅刻とか知らねーよぉ〜。
しょうがねぇなぁ、今回だけだぞ!

仕方なく送ってあげる

意地悪を言っても仕方ないので、車で10分ほどの距離を送ってあげることになった。

道中、やはりここは、1人の社会人として言うべきことは言っておかないとと思い

お前な、これから社会人になったら、遅刻をしない為のリスクマネージメントが重要なんだぞ。
だから、15分くらい前に着くつもりで準備してたら、こんな風に俺が送る必要もなかっただろ?

なんて、軽く説教しながら運転してた訳ですよ。

真犯人現る

あと少しで塾ってところまできて、長男がぼそっと呟く……

おっかしいなぁ……
でも俺、今日は自転車乗ってないんだよなぁ、、、

え??

俺、今日の昼に使ったけど??

あら???

と、ここで昼に自転車を使ったことを思い出す。

あ、、、そう言えば、昼に郵便局いって、その帰りにうちの隣のコンビニに寄って、、、、

ああああ、、、、!! そうだ、、、自転車無くしたの俺じゃん!!

ごめん、俺だわ……コンビニにチャリ置いたまんまだ、、、、。
犯人はここにいた、、、。

えええええ!!!
マジか!

て言うかさ、お前が先に駅に置きっぱなしにしたって言うからさぁ、そういう頭になっちゃったんだぜ?!

おいおい


今まで説教してたのに、立場逆転でかっこうわるいったらない。

結局このあと、1時限分のバイトの次に、別の地区にある教室で2時限目をやるらしく、移動の手段の自転車が無いので、私が改めて送迎をする羽目になった。

じゃ、7時にこの前で、よろしく〜〜!!


高飛車にでる長男にコンチクショーと思いながらも、自分のあまりのトリ頭ブリが情けな過ぎて、笑ってしまった。

昔から物忘れが多いのは、周りでは有名だったんだけど、歳をとると更に酷くなるなぁと、、、この先の人生が心配になった今日この頃。

ではでは(ToT)/~~~