Not Quick a Nine

日々の気になることを、独断と偏見で綴る、バカ親父ブログです

Nintendo Switchが糞仕様すぎて驚きが隠せない『ロンチタイトルで本体容量が足らない模様』

こんにちは、ブンガです。

待ちに待ったNintendo Switch(任天堂スイッチ)が発売されましたね。

楽しみにしていた人も多いんじゃないでしょうか。

私もめちゃくちゃ楽しみにしていたひとりです。
とはいえ、発売日には怖くて買えないチキンだったりします。

というのも、我が家にはWiiUで苦い思い出があるんですよ。

うちの長男がWiiUの時にスプラトゥーンがやりたいからWiiUが欲しいって言ってたんですよ。
その時は受験真っ最中だったこともあり、自粛させていたんですよね。

で、去年の初めに無事に合格したんで、お祝いでWiiUとスプラトゥーンを買ってあげたんですが、その直後にWiiUの製造停止報道ですよ。
そのあと、さらに新機種Switchの発売発表ですよ……。

我が家では散々我慢して、鳴り物入りで購入したマシンが、わずか数ヶ月で製造停止とか、、、、まったくひどい話です。

そんなこんなでSwitchが出る、さらにスプラトゥーンも出るといったら、私もマジか!!欲しい!、、、けどどうなのよ??ってなりますって。

WiiUはほぼスプラトゥーンのためだけに買ったみたいになってますからね、Switchまで買うとなれば、スプラトゥーンの為に何台ゲーム機買ってんだよってなりますって。

そんなわけで、Switchに関してはスプラトゥーンだけじゃなく、本当に遊べるマシンなのか、任天堂が安直に手放さない良いマシンなのかを見極めた上で購入したいと思っているわけです。

仕様が貧弱過ぎて将来が不安

そんななか、ようやく発売されたSwitch(ニンテンドースイッチ)の評判は、発売前の高評価を全部吹き飛ばすほどの悪評価で溢れかえっているようです。

というのも、Switchの仕様が発売されるまでよく分かっていなかった事がそもそもの原因で、発売されてから仕様が明らかになってみたら、ゲームの内容うんぬんではなくて、正直大丈夫なの?って将来が心配になるほどの糞仕様でした。

ゲーム機は内容で勝負でしょ?とは思うんですが、それにしても、仕様が貧弱過ぎです。

公式Q&Aから抜粋

ロンチタイトルすら満足に入れられない本体メモリ容量

本体保存メモリーの容量は「32GB」注1.セーブデータだけの保存には十分ですが、 ダウンロードソフトなどをインストールした場合、容量が足りなくなることもあります。
その場合は、「microSDカード」を差し込めば、データの保存領域を増やすことができます (セーブデータをmicroSDカードに保存することはできません)。

注1. データを保存できる容量は、システム領域を除いた容量になります。


参考:各ゲームのダウンロード容量

ゲームタイトル 容量
ドラゴンクエスト ヒーローズⅠ・Ⅱ for Nintendo Switch 32GB

『ドラゴンクエストヒーローズⅠ・Ⅱ』などの大容量のダウンロードソフトや、複数のダウンロードソフトを 購入する予定がある方は、microSDXCメモリーカードなど、より容量の大きいメモリーカードの購入をご検討ください。

おいおい、ロンチタイトルがいきなり本体容量にはいらないってどういうこと?

ドラクエ目的で購入するユーザーは本体+ソフト+SDXCメモリを購入する必要があるってことですかね。

う~~~ん、どうなのよ?? 

メモリくらいもうちょい増やしたほうがいいんじゃない?

ていうか、ちょっとくらい高くなってもいいから、SSD乗っけちゃったほうが色々と良かったんじゃない?って思ってしまいますよ。

セーブデータは本体にしか保存できない

Q
ダウンロードしたデータやセーブデータはどこに保存されるの? 何か別に買わなければならないものがあるの?

A
ゲームを遊ぶうえで、大切な大切なセーブデータ(大事なので2度言わせていただきました)。
そんなセーブデータが不慮の事故で壊れてしまったり、間違って消去してしまったりするのをできるだけ防ぐために、 Nintendo Switchのセーブデータはすべて本体保存メモリー内に保存されます。
(セーブデータをmicroSDカードに保存することはできません)。

任天堂公式Q&Aによると、セーブデータは本体保存オンリーだそうです。

SDカードを本体に挿せるのに、そこにはセーブデータを保存できず、本体にしか保存できないんだそうです。

大事なので2度言ってる場合じゃないですよ。

セーブデータは大事だからこそ本体に保存したくないですよ。

恐らく、セーブデータの複製やらなにやらの防止のためにSDに保存させたくないんだろうと思います。

ただ、本体に保存していたら、本体になにかあったら終わりってことじゃないですか。

不正が心配なら、任天堂がサーバーを用意して、クラウドでセーブデータくらい保存させてくれたら良いんですよ。
大した容量じゃないし、おおきな容量が必要な人には有料で容量アップできるようにしたら良いんです。

そうすれば、どの本体からでも任天堂IDがあれば自分の保存データでゲームができるようになるじゃないですか。

そういう、独自のプラットフォームを整備する事が普及の肝だと思うですけどどうですかね?

SDカードはほぼ必須

上記理由からSwitch(ニンテンドースイッチ)を購入するなら、SDカードの同時購入は必須となりそうです。

そこで、SDカードについてまとめておきました。

  • SD:128MB~2GB
  • SDHC:4GB~32GB
  • SDXC:64GB~2TB

128MB~2TBまで色々とありますが、どの規格もSwitchでは対応しているので使えます。

容量32GB:
容量64GB:
容量128GB:
容量256GB:
容量512GB:

その他のQ&A

外付けハードディスクは無し

Q
【Switch】外付けハードディスクは使用できますか?
A
Nintendo Switchで、外付けハードディスクは使用できません。

携帯にもなるならSSDくらい付けたら最先端っぽさがアピールできたのに残念ですね。

将来的に対応してくれるといいんですけどねぇ。

セーブデータの移動はできない

Q
【Switch】セーブデータをほかの本体に移動できますか?

A
セーブデータは、本体保存メモリーに保存されます。ほかの本体に移動することはできません。

セーブデータは本体に保存され、移動することすらできないということです。
本体が壊れたらセーブデータと共に全てが水の泡になるわけで。

昔のドラクエの呪文を紙に写し間違えて丸一日パーになるなんてのが昔ありましたが、それの比じゃないくらいのダメージが待ってるわけです。

昔のハードは全く使えない

Q
【Switch】3DSやWii Uの周辺機器を使うことはできますか?

A
3DSやWii Uの周辺機器をNintendo Switchで使用することはできません。


Q
【Switch】3DSやWii Uのニンテンドーeショップで購入したソフトを引っ越しして、Nintendo Switchで遊ぶことはできますか?

A
3DSやWii Uのニンテンドーeショップでご購入いただいたゲームソフトをNintendo Switchで遊ぶことはできません。

互換性は全く無いようです。

今までのソフトもデータも全部まるっと使えません。
全く新しいハードという位置づけってことですね。