読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not Quick a Nine

日々の気になることを、独断と偏見で綴る、バカ親父ブログです

菊川怜が結婚!!『とくダネ!』でまさかの生放送発表

こんにちは、ブンガです。

今朝寝ぼけながらとくダネ!を見ていたら、なんだか番組内でお祝い騒ぎをしているのでなにかと思ったら、なんとあの独身キャラの菊川怜さんがとうとう結婚を発表していました。

菊川怜、とくダネ!内での結婚生発表

番組冒頭でスタジオ中央から降りてきたくす玉が割られ「祝!脱・独身」とかかれた文字が飛び出し、小倉キャスターからおおきな花束を渡されると、思わず目に涙を浮かべました。

その後、菊川怜さんの番組初登場からの思い出のシーンの数々が流されたあと、

「まさか、自分が泣いちゃうとは思わなかった……」と照れながら明かしつつ、笠井アナに促されて 「私ごとで恐縮ですが、私、菊川怜が結婚したことをご報告させて下さい」と発表しました。

お相手は40代の年上の一般男性、結婚の決めては「優しいところ」だそうです。

菊川怜(きくかわ れい、1978年2月28日 - )は、日本の女優、タレントである。オスカープロモーション所属。

埼玉県浦和市(現・さいたま市緑区)出身。埼玉県浦和市立中尾小学校、桜蔭中学校・高等学校卒業。東京大学工学部建築学科卒業。卒論テーマは「遺伝的アルゴリズムを適用したコンクリートの要求性能型の調合設計に関する研究」。本名である「怜」は母親による命名で「賢い」という意味の「怜悧(れいり)」に由来する。テレビなどでは「怜ちゃん」と呼ばれることも多いが、子どもの頃からのあだ名はずっと「菊ちゃん」だった。

1997年、大学2年生の時に東京・新宿でスカウトされる。1998年(平成10年)にモデルデビュー。グラビアモデル、女性ファッション誌 『Ray』の専属モデルとして活躍。同年『'99年度 東レ水着キャンペーンガール』に選出され注目を集める。1999年、フジテレビ系ドラマ 『危険な関係』にて女優デビュー。バラエティ番組、教養番組、ドキュメンタリー番組などにも幅広く出演している。

2012年7月、初の帯番組レギュラーとなる『情報プレゼンター とくダネ!』の女性司会者に就任。2017年4月28日、『とくダネ!』の番組冒頭で40代の男性と結婚したことを報告した。

画像引用元:公式サイト、ほか https://beamie.jp/d/rei_kikukawa.html

略歴引用元:Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/菊川怜

なんでも、小倉さんだけには1ヶ月前に報告していたそうです。芸能関係者の誰にも明かさず、小倉さんだけには話をしていたという事で、今まで色々と小倉さんとの不仲説など噂されていましたが、実は菊川怜さん自身が小倉さんをお父さんのように慕っていることがこんな事からもわかります。

お相手の方を含め3人でお食事もしたとのことで、その時の様子を小倉さん 「会って驚いた、いい男だ!! 顔も心意気もどっちもいい男、僕が女でも惚れちゃう!そして知的な人。きちっとお話をされる方で、かなり良い仕事をしている人なんで、そのうち誰だかバレると思うんだけどね……」 と明かしました。

番組中、終始ニコニコはにかみ顔で、結婚が嬉しいんだろうなぁと感じました。

元祖嫌われキャラ

菊川怜さんというと、男からも女からも何故か嫌われる元祖嫌われキャラで有名です。

デビュー当初、高学歴女優として売り出されたものの、その演技力の低さから数々の大赤字を出し、所属のオスカー事務所も頭を悩ませた末に、司会・キャスター業へ売り出し方を大転換しました。

2002年からはバンキシャに、そして2012年からはとくダネ!の司会。

高学歴な女性にありがちなちょっとツンとした態度がお茶の間の皆さんをイラッとさせるのでしょうね、どちらもメインキャスターとの不仲説が流れましたが、真相は単なる噂なようで、実はそんなに仲が悪いわけじゃなかったっっぽいですね。

お幸せに!!

とにかく、色々とありましたが、ちょっとおとぼけな天然キャラでありながら、なにげに知的なところを垣間見せるなど、その絶妙なポジショニングは彼女でなければ出来ない妙技であり、今やとくダネ!で無くてはならない存在になりつつあります。

長い間待ち続けた待望の旦那さんと末永くお幸せに(^^)

ではでは(^.^)/~~~